Monthly Archives: July 2011

京都でランチ

また更新が遅れている。この日は友人と京都駅で待ち合わせ。しばらく会えないということで友人とランチだ。京都伊勢丹の上階にあるしゃれたイタリアンの店。「ぼんじょるのぉ〜」に始まって、オーダーを通すのもイタリア語だ。しかし。イタリア語ができる友人が「あ、イタリア語だって今までわからなかった」という程、日本語化している。昔、餃子の王将に行くと店員が「なんとか、いーがあ」とかってオーダーを通してたのを思い出す。なんの意味があるのか。以前、東京のデパ地下のイベントコーナーで京風わらび餅か何かを買ったとき、注文するとお店のお姉さんが「おおきに」と言ったので京都から出張出店中なのかしら。と思ったら、京都弁はその一言だけであとはずっと東京弁を話され、変な気分になった。あ、もひとつ思い出した。これも以前東京で食品売り場の一角でお好み焼きの実演販売をしていた。そのおばちゃんは大阪弁だったっけ。「本場の味」をアピールする狙いか?が、しかし、イタリアンの店でへんてこなイタリア語を使っても意味はなかろう・・・・。

Posted in 近況 | Leave a comment

川崎へ帰宅

やっと川崎へ帰ってきた。ふー疲れた。都会は何かとラクチンである。 さてと。長崎でも毎日荷物の整理とダンボール詰めをやっていたのに、帰ってきてもまたやらなくちゃいけない。もういやだ・・・。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

もともと4、5日で帰る予定が、いろんな事情でずいぶん長くなってしまった。ふっと気がつくと、腕が真っ黒だ!恐ろしく日焼けをしている!虫さされの跡もひどい!帰って一晩眠った翌朝、すでにあちこちがかゆかった。腕には湿疹のようなぶつぶつ・・・。今は足を中心に虫さされの跡が無数。蚊や、その他いろんな虫たちに違いない。久しぶりに帰る家なんだから虫くらいいても当然だけど。無防備に日焼けしたり虫にさされていい年ではないはず・・。

Posted in 長崎 | Leave a comment

西彼杵(にしそのき)半島ドライブ

昨日のドライブ話の続き。ハウステンボスの後はまた海辺のドライブへ。そうだった。そもそも昨日は「森の舎楽」というレストランでランチするはずだった。西彼杵半島の真ん中の山奥。民家を改装した店。小さな看板をたよりに行く。でも途中は本当にただの山道でレストランがあるとはとても思えない。というか、たどり着いても、ここがレストランには見えないかも。ただの民家のようだ。しかも土日のランチしかやっていない。というのは、ずっと開けてるほどお客がいないと言う意味。けれど夏の休日などにはけっこうお客さんがいる。料理は地元の素材だけを使った野菜料理のコース。シェフの夫婦はフレンチやイタリアンのちゃんとした料理を勉強した方のよう。味もメニューもセンスがよく美味しい。けれど少しお値段高め。内容から考えると決して高くはない、とは思うけれど。都会の人には素晴らしく贅沢なレストランでも、地元の人には、やはり難しいみたい。最近は日曜のランチしかやっていないとか。しかも昨日はヨガのイベントをやっていてレストランはお休みと言われてしまった。平日は予約ならやります、と言ってくれるが一人では申し訳ない。なくならないとよいけど。さて、話がそれてしまった。ドライブへ向かったのは大島という離島。子供の頃はフェリーで行ったモノだ。しかしいつしか橋がかかり、今年からその橋も無料になった。ずっとずっと昔には炭坑で栄えた島。今はまさに夢の跡である。長崎は九州の西の端。西彼杵半島は長崎の西側を占める半島。そしてこの島はこの半島の西に浮かぶ島。西の先っちょには展望台がある。ここからの眺めは壮大だ。三方が海。向こうに夕陽が見える。

Posted in Uncategorized, 長崎 | Leave a comment