Monthly Archives: February 2012

『無常』ということ

最近「仏教」やら「平家物語」やらに、はまっている私は無常観に陥っているのか?ふふふ

Posted in 思ったこと | Tagged , , | Leave a comment

『平家物語』

読んでみたかった本。誰だったか忘れたけれど、確か学者系の、日本在住の外国人が「日本について、最もよくわかる本」だと述べていた。え?平家物語?と、私にとっては意外。というか全く未知の世界。自分が知らないだけ、で、この歳になって恥ずかしい。

Posted in 思ったこと | Tagged , , | Leave a comment

イタリアン食べたい

昨日の記事を見てもわかるように北京は世界中から人が集まっている。それに外国人は同じようなとこに集まるせいか、(北京では外国人である)私の行動範囲には欧米人が多い。台湾人は韓国人などはパッと見、区別がつかないので不明。ここにいるとなんだか欧米人に慣れる。なんか無駄にでかくて、ずるっとした格好をしている・・と、あまりよい印象がない。そして一方、自分がアジア人だと自覚する。

Posted in 中国, 生活, 食べ物 | Tagged , , , , | Leave a comment

「鳥屯(とりとん)」で大宴会

昨日、土曜の夜に久しぶりに韓国人の友人CYさんと、みんなの溜まり場「鳥屯」で落ち合う約束をしていた。彼女と2人で約束したはずが、最後には20人以上の大宴会に参加してた。

Posted in 中国, 生活 | Tagged , | Leave a comment

ネルケ無方「迷える者の禅修行」

中国へ引っ越してからというもの、次々とたくさんの本を読んでいる。私は読書のスピードが他人より遅いようなので自分で思ってるほどは多くないのかもしれないが。こんなにガンガン読めるのは、仕事が暇で能ミソに余裕があるせいだと思う。

Posted in 思ったこと, 近況 | Tagged , , , | Leave a comment

中国のごちそうギフトセット

先日の帰国の際、中国からお土産に持って帰った食べ物の話。年末の挨拶で日系企業の知人から全員に配られた。お歳暮のようなものか。薄い箱に取手が付いていて、中を開けるとプラスティックのパッケージが10個くらい入ってた。パッケージには、例えば豚の角煮のような肉や魚のごちそうの写真。どうやら暖めて食べるレトルト食品のようだ。

Posted in 中国, 食べ物 | Tagged , , | Leave a comment

北京の地下鉄ラッシュ

写真は先日の退社時の北京の地下鉄駅。私の家の最寄り駅だ。人込みの中で撮ったので上手くなくて失礼。自分がこの中にいると思うと恐ろしい(笑)。

Posted in 中国, 生活 | Tagged , | 2 Comments

マット塗装の高級車

マット塗装は北京で流行って改造車のスタイル。しかし、改造車というには高級すぎることが多い。初めて見たのはマットな白色のアウディクーペ。これが最高に美しかった。フロントグリルや扉周りの黒色とマットホワイトのコンビネーションが通常の艶塗装よりもずっとしっくりしていて、思わず惚れ惚れと見とれてしまった。

Posted in 中国 | Tagged , | Leave a comment

プラダの新作バッグ!? 烟袋斜街〜后海界隈

This gallery contains 3 photos.

「近くにもうひとつ胡同があるから行こう。こっちとはまた違うのよ」とDNが連れて来てくれたのが烟袋斜街。こちらは私も何度か来た事があるお気に入りの街。さっきの南鑼鼓巷と同じく、おもしろい店が多い。中国風を現代的にアレンジした小物や服やスカーフや、意外と趣味の良い店もあったりする。 ふとある店のウインドウで、プラダの新作バックを発見。さすが中国人やるなぁ〜。

More Galleries | Leave a comment

北京ツアー 南鑼鼓巷

This gallery contains 9 photos.

タクシーで南鑼鼓巷へ向かう。DNが言うには有名な胡同のひとつらしい。「行ったことないなら行ってみる?」と。 北京の四合院などが残る古い町並みは胡同(ふーとん)と呼ばれている。ナントカフートンという胡同が北京には所々残っている。

More Galleries | Leave a comment