Monthly Archives: May 2014

ベトナムのカフェ

中国からベトナムへ行って嬉しいことはたくさんある。一番は中国より清潔なこと。

Posted in 中国, 思ったこと, 食べ物 | Tagged , | Leave a comment

ベトナム伝統音楽の夕べ

今日の旅行記はベトナムの伝統音楽カチューの演奏会へ行った話。

Posted in 思ったこと | Tagged , | Leave a comment

ベトナム風装飾

ベトナム旅行記3日目はデザインの話。

Posted in 思ったこと | Tagged , | Leave a comment

ハノイクッキングセンター

ベトナム旅行記2回目はハノイの料理教室に参加した話。 パリで料理教室へ行って以来、海外へ旅行したら地元の料理教室へ行くことに決めた。と言ってももう3年も行っていないのだけども。

Posted in 思ったこと, 食べ物 | Tagged , | Leave a comment

ハノイ大教会

最近、ここにアクセスできないことが多い。中国のせいなのは明らか。そんな監視するようなサイトじゃないのに。めんどくさいことだ。

Posted in 思ったこと | Tagged , | Leave a comment

中国のカップルを見て思うこと

ベトナムと言えばバイクの群れ。バイクの群れを間近で見るとベトナムへ来たなと思う。 一人乗りは少ない。恋人同士や夫婦と思われる人たち、それに家族連れがほとんど。お父さんが運転して前後に小さな子供、一番後ろにお母さんと家族4人で乗ってる様子は微笑ましい。この暑いのに家族がぴったりくっついて、きっと汗ビショだろう。 それにいつも気になるのはカップルが羨ましく思えること。見てるだけで何故だか「いいなぁ」って、そう見える。恋人同士でスクーターに二人乗り。「恋人同士ってだけで幸せなんだよなぁ」って気分が自然にわき起こる感じ。それで、そこからいつも思うのは「この感覚って久しぶりだなぁ」そして、次には「あー中国ではこの気分を味あわないなぁ」へ繋がる。 そこからいろいろ思い起こしてみると、中国では「ただ恋人であることが、見てるだけで羨ましくなるようなカップル」にお目にかかれない。不釣り合いなカップルを見ると「あーこの男はこう見えてお金持ちなのか」と思うし、白人と中国人女子のカップルも同じく。若いカップルも、二人でしゃべりもせず、ずっと各自スマホをいじりながらご飯を食べていたり。それなりに釣り合いのとれた富裕層風なカップルも「条件が一致したのかなぁ」という風に見える。つまり端から見て恋愛感情があるようには見えない。一方、公の場でこれ見よがしにいちゃいちゃするカップルも多いけど、それはそれで「それ」を楽しんでいるだけに見える。周りを意識しつつ、それを演じているようで、そこに恋愛を感じない。ただ目の前の彼、彼女に夢中で周りが見えなくなってるようなカップルは記憶にない。見ていて恥ずかしくなるほどに二人の世界に没頭しているようなカップル。今の彼女には彼しか見えないのだわってなカップルがいない。つまらない。じゃ、日本にはそんなカップルがいるのかと問われると、今、答えられないのだけども。でも、少なくともヨーロッパでは見かけるなぁ。 中国人に対しては何かにつけ「情緒がないなぁ」と思うことが多いのだけども、ここも同じく。なんだかあっさりしている。感動して泣いたり、切なさに胸が苦しくなったり、恋して胸がきゅーっとなったりするような感情が、彼らにあるんだろうか?と、中国に住んでいても、まだ、よくわからない。

Posted in 中国, 思ったこと, | Tagged | Leave a comment

中国人 vs 香港人

しばらくの間、ここ1週間くらいか?ブログにアクセスできなかった。ログインはもちろん、サイトも見れない状態。こんな時の理由はただ一つ「ここが中国だから」なんだと思う。なんともしようがない。これで、もう私のサイトは消えてなくなってしまうのか・・・それとも、また復活するのか・・・と、思ってるうちに復活した。中国に住んでると、こんな「自分ではどうしようもないこと」に慣れてくるのかもしれない。そして、どう対処しよう?と悩むこともなくなる。だって、そのうちまた戻るかもしれないし、真剣に考えるだけ無駄なんである。とりあえず、しばらく様子を見ようと思っていたら今日、復活していた。ちょうどその今日「中国政府がインターネット情報の規制を強化している」というニュースを見つけた。私のサイトも誰かが検査していたのかしら。 さて、最近、香港で中国人の自由旅行に反対する運動が起きているようである。先日、中国人の旅行客が香港の繁華街の路上で子供にうんちをさせている様子を香港人がネット上にアップし、それが騒ぎになったようで。これもそんなドタバタのうちの一つだ。 中国人は子供がどこででも用を足すのは当たり前で仕方のないことだと思っている。というのは、私が現実に「北京の路上」で見ている感想。初めて空港のゴミ箱におしっこさせている様子を見た時、驚いて中国人の友人に話したときの彼女(子持ちの中国人女性)の反応も「だって子供だから仕方がないのよ」という一言だった。子供のいない私は反論できずに終わったのだけど、中国国内では当たり前でも、外国ではそうでない。香港の人も同じ反応だったようだ。もともと、香港人は中国人(大陸の人)が嫌いだ。昨年、香港に旅行した中国人の友人も「あいつら中国人が嫌いだから(香港は楽しくなかった)」と話していた。それほどあからさまに嫌うんだろう。以前、香港に住んだことのある友人(日本人)も話してた。「彼らは中国人のことを動物って言うんですよ」と。ついでに、この話を別の中国人の友人にしたら「自分だって動物じゃない」。とっさに解らなかったけれど、後で思い起こすと彼女は、この差別発言の意図が解らなかったんだと思われる。 一方で私から見ると、それほどあからさまに嫌って、蔑むのは、香港人が中国人だからだと思う。北京の人は地方から来た出稼ぎ労働者が嫌いで、明らかに蔑む態度を取る。それと同じに見えるから。 もしも、心の中ではそう思っていても、顔には出さないのが文明人のたしなみってもんである。それは欧米人を見ていれば明か。日本人だって心の底では中国人をバカにしていても、日本にやってくる中国人にそんな態度は見せない。前出の中国人の彼だって(日本に行った時)「日本人は中国人を嫌っているから楽しくなかった」とは言っていなかった。彼の接したホテルの人や店の人が彼を中国人だと解っていても、心に嘘をついて優しくしていた、とは言わない。そんな人は現実にいなかったかもしれない。 そんなこんなで、香港人とのこの騒動は、私から見ると、どっちもどっちだよな、と。そう思って眺めている。

Posted in 中国, 思ったこと, 近況 | Tagged , | Leave a comment

明日からベトナム旅行

ひと月ほど前、忙しすぎて不機嫌なさなかに友人が誘って来た。「五月の連休にどこか旅行へ行かない?」

Posted in , 近況 | Tagged | Leave a comment