飲み会

昨夜は友人の韓国人の誕生日とやらで、鳥屯で飲み会。集まったのは、延べ30人程。韓国人が6割、中国人が3割。日本人が1割といったところだろう。お互いに、訊ねないと何人だか全くわからない。日本人のしゃべったことを私に中国語で通訳してくれる女の子がいて「ん?私は日本人よ」と言うと、「えーごめんなさい。韓国人だと思ってた」というくらい、みんなが混乱している。共通語は中国語。中国語がまだまだな私は会話についていけない。向こうの若い男は、下手な中国語を話している、と思ったら、中国語が下手な日本人のマネをしているのだった。日本語が上手だ。車が好きなんで日本語を活かして日本の車メーカーに就職したいと言っている。「給料は安くてもいいんですよ。4000元(5万円)くらいでも」と言っているが、よく聞いたら、レクサスとBMWとなんだっけ?と車を三台も所有しているらしい。ようするにお金持ちだ。この感覚が中国らしい、わけわかんないところ。
中国で車を買えるのはお金持ちだけれど、それを維持するのもお金持ちでないとムリ。ガソリン価格は日本と同じくらい。駐車場代は、一昨年は1時間二元(24円)だったけど、今は10元くらいになってるそうだ。2年で5倍!?ウチの会社でも、会社のビルには高くて駐車できないと聞いたことがある。ちなみに月極だと、今は2〜3000元(3万円前後)らしい。会社のローカルスタッフがお金持ちの同僚のことを差して「彼にとっては、この会社の給料は、駐車場代にしかならないだろう」というのは、その通り。
日本人のおじさんたちと、おしゃべりしていると、イケメン君が登場。欧米人が混ざったようなアジア人?。訊ねると沖縄出身の日本人だった。学生で、モデルをしているとか。隣の日本人のおじさんが彼のことを「ほんとに、こいつは男前だし、いい奴で、大好きだ」と、べた褒め。すると彼が返して「いやぁ、WNさんも。ほんといい方で、僕のお父さんのような存在なんです」おっと。ちょっと待て、イケメン君。WNさんは私より年下だ。思わず「え、じゃ私はお母さんみたいって言われそう」と呟いたら「いや、もっとおばちゃんになったらそうでしょうけど」。と、なんだか中途半端なフォローをされた。でも年齢的にはお母さんでもおかしくない。お母さんねぇ〜。。なんでも彼の彼女の父親は、投資会社を経営しているお金持ちらしい。ふむ、美人がお金持ちとくっつくように、こんな男前はお金持ちの女の子と仲良くなるわけかと、妙に納得。向かいの席には私好みの素敵な中国人・・なのに、中国語が話せないから、会話できない。残念。でもこいつも20才くらい年下だろうなあ。最近、素敵と思う人が、いつもすごい若くて困る。

This entry was posted in イベント, 中国, , 近況 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *