西安ツアー 2「華清池」(楊貴妃温泉)

「楊貴妃温泉」は私が勝手につけた名前。なんでも、周から唐時代に至るまでの歴代の皇帝が離宮を構えたところで、かの楊貴妃もここの温泉に入ったそうな。
きっと、1000年ぐらいは寂れていたに違いない(真相は知らない)。とにかく、今、一大観光地とすべく、大工事中だった。山の上にはロープウェイが走り、丘のような一帯に、日本のお寺のような建物が増殖中。相変わらず、どれが古いのか、いや、全部、新しいのかさっぱりわからない。さらに日本の温泉旅館を思わせる施設をガンガン建設中だ。
入場料は110元(1500円)!。ここもぼったくりである。
で、一番おもしろかったのが、写真の像。どちらも楊貴妃。黒いのは園外にあって、最初これを見たときにもびっくりした。太ももが艶かしくて、いやらしい。そして白いのが園内。これ、ヨーロッパの噴水をイメージしたんだろうが・・・。中国人のセンスはひどい。ひどいとしかコメントのしようがない。こんな格好をさせられて楊貴妃がかわいそう。
ちなみに、ここは兵馬俑のすぐそば。市内からはタクシーをチャーターして行くしかない。片道1時間ほどで全部で600元(7500円)。高い。日本人の友人は800元だったと言うから、これが(おそらく外国人向け)相場なんだろう。

This entry was posted in 中国, 観光地 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *