ストレス解消→走る!!

IMG_2330自分が一番びっくりしている。まさか自分がこんな人になるなんて。
子供の頃から体育の授業が大嫌い。マラソン大会なんて、高校生の時代の一番嫌だった出来事にしてもいい。それが今では自ら好んで走るとは。3、4年前、スポーツブランドの仕事をした時も、自分には縁のない世界だと思った。多摩川にしょっちゅう散歩に出かけていた時代も、走る人たちを横目に、ご苦労だわね〜と思ってた。
今から思い起こしてみると、走るような人になった、ことの起こりは、ピラティストレーニングを受けたこと。自分の体がわかって、たいしてトレーニングなんてしなくても、だんだんと体に筋肉が付くのがわかった。そうしているうちに、走るってことが自分にもできるかも?と、だんだん近くに感じるようになった。もともと、絶対走りたくない!と思ってたわけじゃない。ただ走り方が解らなかった。ピラティスに始まった私の「トレーニング」が1年前からペダル運動へ進化。そして走るようになって、まだ半年足らず。自分の体がだんだん変化して行くのが面白い。だんだんと、長く早く走れるようになるし、脚の筋肉も変化がすぐにわかる。自分の脚なんて子供の頃からのコンプレックス。こんなに簡単に凹凸が変わるとは全然知らなかった。細くなったかどうかは怪しいが、明らかにちゃんとメリハリのある脚になっている。しかもO脚だったのが真っすぐに。
それに「冷え」がすっかりなくなった。いつも夏はツラかった。冷房で冷えるから裸足でスカートは無理。いつも靴下を携帯していた。でも、いまじゃ生脚でミニスカートも平気。冷房が寒い時はあるけれど、前みたいに「冷える」ってことがない。「冷え」は「寒い」と違う。このツラさは経験した人でないとわからないらしい。
こんないろいろの効果はさておき、実際に続けられている理由は、走る時間がストレス解消になっているから。最近は忙しい日が続くとジムに行きたくて仕方がない。だからちょっと時間ができると行く。走ってる間にいろいろ考え事をする。PCの前から強制的に離れて考える時間を作るのはとても有効。走ってる時間に考えたアイデアがいくつもある。

先日、尊敬する先輩と呑んでいた時のこと。
「私だってどうしようもなく、気分が後ろ向きになってる時はありますよ。そんな時は、今はそういう時期なんだろうってやり過ごすことにしてます。そんな時に何を考えてもいい考えにはならないから」
「それは達観してますな」
「それに・・・・体を動かすことですよ」
「そ!やっぱりそやなぁ」
気分が停滞している時はまず無理矢理にでも体を動かすこと。すると気分も動き出す。これが私の最近の不調脱出方法。

This entry was posted in 思ったこと, 近況. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *