膝丈タイトスカートのワンピース

IMG_1505今日は久々に中国人女子のファッションの話。こういう時は自分のことはまず棚の上に上げておく。
中国で仕事をしていると打合せに出て来た女性がかちっとしたワンピースを着ていたりする。スーツスタイルが普通な日本ではなかなかないことだ。それが「膝丈タイトスカートのワンピース」。まるで制服のようなスタイルで、でも、もっと装飾的な場合が多い。私の感覚からすると、そんなスタイルのワンピースは下手をすると、ずいぶんダサくなってしまうから「ハードルが高い」。多分日本人ならみんなそう思うだろう。ワンピースにするなら、ジャージ素材とか、木綿でカジュアルに崩すとか、ちょとひねりがないと、もっさりしたコンサバスタイルになってしまう。もっさりしないために、髪をきちんと巻いたり、アクセサリーに気を使ったリア、靴や、小物も用心深く整えなくてはならない、と思う。全体がきれいめ過ぎると、クリスマスディナーのようになってしまうし、コーディネートの力の抜き具合が難しい。ところが、中国ではそんな心配は無用。彼女らはただ、そのワンピースを着ているだけで、他のことは何も考えない。先日、会った若い女の子は、胸元にリボンのついた、ノースリーブのワンピースを着ていた。でも、なんか変なのは、化粧気のない顔のせいか?。中国では未だに眉すら整えていない女の子が多い。化粧しているのはまれ。していると、まるきり、水商売のような派手な顔な場合が多い。リップは真っ赤や蛍光色のようなオレンジとか。それで、その彼女の話に戻ると、化粧をしてない上に、いけてない眼鏡をかけている。レンズ周りがオレンジ色でツルの部分が水色の。そしてぼさぼさの髪を後ろで束ねている。さらに極めつけは、ノースリーブで丸見えの脇の下が真っ黒。
数日前にこれも仕事であった女性も同様のワンピースを着ていた。彼女は長身で髪が長く、転がりようによっては美人なはず。でも、実際には全然違う。同じく顔は化粧気がなく、いけてない黒ぶち眼鏡。髪は長いだけでスタイルになっていない。それに前出の彼女も同じなのだけど、アクセサリーは一切付けてない。これも中国では普通。
中国の女の子がワンピースを好むのはコーディネートの必要がなくて簡単だからだと思う。世界中でおしゃれと言えば、コーディネートのことだ。中国の女の子はまだコーディネートができない。服にあったバッグを持った人に会った記憶がない。そんなだから、ただ、それを着ればいいと思ってる。
それで、おしゃれしてるって自信満々な様子で来られるから・・・・あきれる。

This entry was posted in 中国 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *