『アナ雪』と性差別

アナ雪友人がくれたので偶然に「アナと雪の女王」を見た。感想は「予想以上に面白かった」。
でも、見終わって思ったのは「あら、お姉さんは最後までひとりぼっちなんだ?」という疑問を含む後味の悪さ。どうやらこれは現代のジェンダー感覚を象徴しているらしい。
ディズニーの物語ではお姫様は王子様に求婚されるのがハッピーエンド。つまりはお金持ちで権力もある男性と結婚するのが、最善な女の幸せだと、女の子たちは小さな頃から刷り込まれていた。それ以外にお姫様(=女性)の幸せはないかのように語られてきた。先日「政治的に正しい(ポリティカルコレクトな)おとぎ話」という本を読んで、そうだよね〜と。大人になってからテレビでやってたディズニーの「ピーターパン」を見た時にも偏見と差別の多いのにびっくりした覚えがある。おとぎ話や昔話は、今では全部、ポリティカルコレクトではなくなっている。シンデレラは、美しいから王子様に求愛されて幸せになる。掃除が上手だったからではない。たった一晩の舞踏会で見初められたのだから、王子を感心させるほど、頭がよかったからでもないだろし、特別に趣味があったってこともないだろう。見た目の美しさだけで女の子は幸せになったのである。そんな物語が現代に通用するはずがない。子供たちに見せるにもよろしくない。ってことには私も同感。欧米ではもはや、おもちゃを男女用に分けるのさえ性差別を招くと敬遠されるときいた。だから日本のひな人形や五月人形は子供に悪い影響を与えるのはないか?と心配されるらしい。そこまでいくと、なんとも・・なんだけども。
さて話を戻すと、お姉さんがひとりぼっちはいいけども、それならそれで、別の形の幸せを示してくれないと、やっぱり釈然としないよね。王子様と結婚するのとは違う、でも、明らかな幸せを。
あるきっかけで真実の愛に気がついた、でも、それは王子様相手でなく、妹への愛。男なんかいなくても真実の愛には出会えるんだ?。それとも、女王だから国で一番偉い?こんな絶大な権力があるから幸せ?でも、どうも妹の方が幸せそうに見える。妹は妹で運命の人に出会ったと思ったら実は悪者で「愛に飢えているから簡単に落ちるだろうと思って狙った」とまで言われる始末。これまた手厳しい。かつてのおとぎ話のように出会ってすぐに求婚する王子様の甘い言葉を鵜呑みにしてはいけないということか。そんなヤツの言うことは信用するな、と。女だって見る目を養って自分で判断して自分の路を決めなくちゃいけないのだよ、と。現代の小さな女の子たちは、ずいぶん厳しくされているのだなぁ。
映画を見て改めて例の「ありの〜ままのぉ〜♪」を聞くと、なんかイタい。「少しも寒くないわ♪」って昔流行った「負け犬の遠吠え」を思い出す。私だってありのままの自分で、自由で、やってるけど。王子様も待ってないし。でもな〜・・。この映画見てると、「そんなこと言って、本当は寒いんじゃない??」って見えちゃうとこは、失敗なんではないか?と私は思う。

This entry was posted in 思ったこと and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *