「人生、やるか?やらないか?」

写真よい言葉です。先日読んだタレントのインタビュー記事の一言。別にファンでもないけれど。「どうやったら、そんな風に腹筋割れるんですか?」との問いに「誰でも毎日1000回腹筋したら割れますよ。人生と同じ。やるか、やらないか、だけですよ」。素晴らしい。なんて男前な発言。
やると決めたことはやる。目の前にある何かを「やった方がいいのは解っていても」実際にはやらないのが凡人。優秀な方はそう思ういろいろを、こともなげにサクサクと実行して行く。そこが凡人との違いだと、私はそう思う。それは、小さな当たり前のことから、やっかいなことまで。仕事のことから遊びまで。家族のことも。反対に「やればよかった」とできなかった自分を攻撃したりしないし、「○○だからできなかった」と言い訳したりもしない。できなかったことは仕方ない。代わりにできることからやればよい。
周囲の優秀な方々を見ているとそう実感するから、自分もそれを見習おう、とは思っている。
やらなくて後悔するより、やって失敗した方がいい。いい経験になる。やらなくて後悔するのがなにより嫌だ。もちろんいい年になれば「大きな損失を伴う失敗」には注意が必要だけれども。それもきっと高い授業料だ。それに迷惑をかける人もいない私は「大きな損失」もない。
恋愛も同じ。♪ Better to have lost in love than never loved at all ♪。古い古いEurythmicsの歌の歌詞。ショートカットでかっちょいいアン・レノックスが力強いメロディーに乗せて歌い上げる。もう20年以上、トホっと弱気になった時に思いだす。うん、これでよかったんだ。何も起こらないよりは、と。

This entry was posted in 思ったこと. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *