あけましておめでとうございます!

image今年も北京でお正月。
今日は今まであまり話した事のない中国人の友人と夕食だった。おそらく20代の、会社経営者。年に何回も日本や欧米へ旅行へ行くという、中国人特有なお金持ちだ。車はアウディのA6L(たぶん)。他にもお金持ちのトモダチはいるけれど、彼らの考えが共通してるのは「日本と中国は、同じアジアの仲間として協力して発展していくべきだよね」ってところ。中国人の感覚は日本人よりもグローバルだと思える。それは彼らが中国っていう、いつぶっ壊れてもおかしくない(と、彼ら自身がそう思っている)国の人間だから、常に周りを見渡す癖がついているんだと思う。国の中だけ見ていれば安泰な(または、そう信じてる)日本人と違うところ。私の身近の話でしかないけれども、外国を知ってる頭のいい人たちは一様に、日中が仲良くなったら大きい力になるんだから一緒にうまくやろうよ(=稼ごうよ)と思ってる。彼らは日本が好きで、お手本にしようとしてる。そして、どちらかというと、日本で嫌われているような普通の中国人を、日本人と同じかそれ以上に嫌っている。彼らと同じだと思われたくないって雰囲気。香港の人が大陸の中国人を嫌う構図と、ここも同じか。
なんだか、話が深刻になってきたぞ・・・。
いや、ただ、私が思うのは、なんというのか。この国の可能性かしら。伸びしろというのか。私は気がつけば、もう、北京を10年も眺めている。この変わりっぷり。流れの速さ。昨年は自分自身がようやく、その波に乗れそうな気がした。まだ始まったばかり。
が、しかし。中国で働く(=稼ぐ)なんてことは、まぎれもない、ただの大博打だ。小さな当たりを出しつつ、大きな当たりを狙うのか。ほんとに大きな当たりなんて来るのか。いつまで、ここに張り続けるつもりなのか。と、引き際も考えなくちゃいけないな、と思わなくもない。ただ、今は始まったばかりだから、今年もいつものように「心も身体もしなやかに」をモットーに努力する所存でございます。みなさま応援よろしくお願いします。

This entry was posted in 中国, 思ったこと, 近況. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *