北京へ

あっと言う間に久しぶりの日本も終わり。北京へ戻る。今回は福岡/北京の往復チケットなので帰りは福岡空港。東京や大阪へ行かないので友人にも会えず家族と過ごす旧正月になった。長崎でゆっくり・・・と思っていたけれど久しぶりの帰国となると、何かと用事が多く忙しかった。行かなくちゃいけないとこ、会わなくちゃいけない人、食べなくちゃいけないもの・・・等々。まだまだ時間が足りない。
長崎から福岡空港まではバス。片道2500円で快適。やっぱり新幹線なんか要らない。もし新幹線なら博多駅からタクシーに乗らなくてはいけない。いいかっそんなことは。重たいスーツケースを荷物庫に入れる際、バスの運転手のおじさんの物言いにイラッとして少々喧嘩ごしになる。なぜ、こっちは客なのに、そんな上から目線で扱われるのか。長崎に居ると時々、女ってだけで見下したような態度を取るおじさんに出会う。男性を相手にするときと、まるで態度が変わる。東京や大阪とは違う九州独特な空気。なぜ誰も不思議に思わないのか・・・イライラ。
さて福岡空港に到着し、中国行きの飛行機に近づくにつれ、徐々に周りに中国人が増え、騒がしくなってくる。なにも私の耳元でそんな大声出さなくてもいいでしょっ・・。ふと向こうからピンクのジャージの上下を来た若い女の子がやって来た。服はジャージだけど、裾をブーツインして、きちんとしたバックを持っているところが中国風ファッション。何故だかわからないが、中国ではジャージの上下をヨソ行きのおしゃれ儀にしている女の子が多い。色はピンクで素材はベロア系の毛羽立ったものが普通。ヨソ行きなので、バックはグッチだったりする。不思議だ。免税店では、たくさんの人が炊飯器を買っている。それも複数個。両親などへプレゼントするのだと思われる。
てな具合にだんだんと中国に馴染み、最後は北京へ到着。
アパートに帰るとほっとして・・・・疲れた。

This entry was posted in 中国, 思ったこと and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *